NEWS -防犯関連情報など-

2019/03/25 08:00

北海道新聞に記事が掲載されました

先日、札幌市で講演を行いました。
その様子が、北海道新聞に掲載されました。

防犯ボランティアを取り巻く環境も変化しています。
変化に合わせて、調整することも欠かせないのです。

19032501.jpg

さて、今年も新入学シーズンです。
ひとり歩きデビューする子どもが増えます。

見守りとともに、安全意識の啓発が欠かせません。
そのあたりのコツを各地でお伝えしております。

ヨッシー

>> 講師依頼・取材依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/03/21 09:00

防犯ボランティア・スキルアップ講座実施中

各地で講座の講師を務めています。
参加者やテーマも、さまざまです。

防犯ボランティア対象の研修も多数実施中。
最近は、スキルアップを目指すための依頼が多いです。

19032101.jpg

さて、防犯のスキルアップとは?
いま一度、活動の効果や可能性を知り、視野を広げること。

子どもの安全、孤立の解消、地域教育の担い手・・・
地域における役割はとても大きい分野なのです。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら

2019/03/18 09:00

親子で参加する体験型の安全セミナー開催!

親子参加型の安全セミナーを行いました。
大人と子どもが同時に参加する効果は大きいです。

理解が深まると同時に、会話のきっかけにもなります。
前半は、身を守るためのコツをお話しします。

19031801.jpg

後半は、声も身体もつかって、身を守る力を確認!
大人との距離感や、逃げるコツなども練習します。

この日は、地域のみなさまも一緒にご参加。
みんなであいさつの練習も行い、和やかな雰囲気でした。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/03/14 09:00

虐待防止と、地域の見守り

千葉日報に記事が掲載されました。
児童虐待からの子どもの保護について。

疑いのある児童を発見した際は、通告義務があります。
とはいえ、心理的なハードルを感じることも。

19031401.jpg

家庭の問題が、社会の問題として扱われるようになりました。
すなわち、私たち一人ひとりの協力が欠かせない。

地域の見守りも、子どもの異変を発見できる大きな力です。
家庭を孤立させない雰囲気づくりも欠かせません。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/03/11 09:00

3部構成の防犯研修会を実施しました

神奈川県内で防犯研修会を実施。
当方の研修パターンは、複数あります。

ご希望、人数、会場、時間でプログラムデザイン。
講演、講演+実技、講演+実技+交流…

19031101.jpg

この日は、講演+実技+交流を実施しました。
それぞれ40分ずつ、2時間半ほどのプログラム。

頭で考え、身体で確認し、参加者同士で情報交換-
講演だけのプログラムよりも好評をいただいております。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/03/07 13:00

新1年生対象の安全セミナーを行いました

都内の小学校で安全セミナーを実施。
対象は、この春から1年生になる子どもたち。

多くの子どもが、ひとり歩きを行います。
自分を守る力について確認する時間です。

19030701.jpg

なるべくひとりにならないこと。
そして、ひとりになったら、周りをしっかり見ること。

子どもたちの平行視野や90度程度です。
身体をつかって、しっかり周りを見る練習をしました。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/03/04 09:00

中日新聞に記事が掲載されました

1日付けの中日新聞に記事が掲載されました(こちら)。
入学シーズンを前に、子どもの安全のコツについて-

イラストをまじえて、分かりやすくまとめていただきました。
ポイントは、それぞれの防犯対策を考えることです。

19030401.jpg

なぜなら、家族構成もライフスタイルも多様化しているから。
とくに、「ひとりになる瞬間」は子どもによって異なります。

その瞬間こそ、自分で自分を守らなければいけない瞬間-
さらに、「逃げ込める場所」もたくさん用意してください。

ヨッシー

>> 講師依頼・取材依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/02/28 08:00

文化放送に電話出演しました

昨日、文化放送に電話で出演しました。
ニュースワイド SAKIDORI

テーマは、児童虐待と地域の見守りについて。
いま、厳罰化や体罰禁止の動きが活発化しています。

19022801.jpg

当事者や関係機関だけでは、限界があります。
早期発見や子どもの保護には、地域の協力が不可欠-

一方、189番をとおしての通告をためらうケースも…
「助けて」がいえる、「助けて」を受け止める社会がもとめられます。

ヨッシー

>> 講師依頼・取材依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/02/25 09:00

反射材の工作ワークショップ実施中!

当方は、安全力向上がテーマです。
防犯がメインですが、一部、交通安全も実施中。

それが、「キラキラあんぜんキーホルダー工作」です。
高輝度反射材をつかった、オリジナルのプログラム。

18012201.jpg

学校、自治体、企業やイベント等でも導入いただいております。
子どもたちや親子のみなさまに好評です。

楽しみながら、安全へ関心をもっていただければと思います。
材料のみの提供も承っております(ひとり分150円、税込)。

キラキラあんぜんキーホルダー工作について

ヨッシー

>> お問合せ・ご依頼はこちら

2019/02/21 16:00

スマホ解禁と子どもの安全

大阪での小中「スマホ解禁」が話題になっています。
これまでは例外を除いて、原則持ち込み禁止―

この春から、災害時の安否確認などのため許可されるとか。
さて、いくつか課題やポイントが見えかくれします。

19022101.jpg

まずは、「大人の安心」と「子どもの安全」のギャップ。
端末に依存せず、リアルに身を守る力が不可欠です。

また、家庭と学校のルールを合わせることも重要。
緊急時に使えるためには、ある程度の練習も必要です。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/02/18 08:00

無料でつかえる「見守りパトロールデザイン」

好評をいただいている、デザイン提供サービス。
さっそく今年も多くのご依頼をいただいております。

自転車前かごなどに使用できるものです。
当方では、無料で提供しています(こちら)。

18040901.jpg

目的は、「助け合う環境づくり」です。
「犯罪抑止」視点ばかりでは、厳しいデザインが増えます。

助け合い、声がかけやすいことも安全には不可欠。
多くの声をいただき、サービスを継続しています。

ヨッシー

>> 「なるほど安全コラム」
>> パトロールデザインの依頼はこちら

2019/02/14 10:00

ワークショップとは?

防犯とは別領域で講師を務めました。
ワークショップデザイナー育成プログラム

青山学院大学で開催されている社会人講座-
私は、10年ほど前に、第2期修了生です。

19021401.jpg

現在は第30期、演習回の講師を務めています。
最近、巷で目にする機会が増えた「ワークショップ」。

一方通行の体験でも、単なる訓練でもありません。
参加体験の学びをとおして、気づきを得ることがポイントです。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/02/11 10:00

日経DUALに記事が掲載されました

サイト記事に掲載されました。
日経DUALの「小1の壁の乗り越え方」-

「防犯対策」の記事でコメントしています (こちら)。
入学シーズンを前に、安全意識が高まっています。

19021101.jpg

家庭(個人)でできること、みんな(地域)でできること。
基本的な防犯対策は入学前に知っておきたいものです。

また、地域での取り組み、相談窓口もチェックしておきましょう。
「子どもの安全、みんなで考える」が重要です。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/02/07 15:00

家庭教育学級で「子どもの防犯」を考える

神奈川県内のPTAから講師依頼です。
家庭教育学級で講師を務めました。

テーマは、「子どもの防犯」-
個人でできること、地域でできることとは。

19020701.jpg

前半は、講演で背景や考え方を確認します。
後半は、ワークショップで安全指導のコツを伝授。

全世代を対象にしているので、多くのヒントをお伝えできます。
なんと、「グラレコ」をしていただきました。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら(メール)
>> 活動実績を更新しました

2019/02/04 09:00

体験と交流を行う防犯セミナー実施中

岐阜市で防犯の講座を行いました。
自治会等で活動するみなさまがご参加-

前半は、画像を使って効果や可能性の確認。
後半は、声や身体をつかって体験の時間です。

19020401.jpg

いわゆるワークショップという手法です。
参加体験をとおして、交流と気づきを促します。

とくに、安全・防犯は体験で確認できることが多いのです。
体操や簡単なゲームなので、誰でも参加できます。

ヨッシー

>> 講演・研修会の講師依頼はこちら